九州電気産業株式会社

HOME > 会社概要 > 会社沿革
会社沿革
昭和34年 5月 九州電気産業株式会社設立
資本金500万円
初代社長に関 治良吉就任
昭和36年 3月 那須電機鉄工(株)の代理店となり、鉄塔鉄構の取扱開始
昭和38年 3月 ケヤキ腕木納入の終了。
住吉神社に於いて感謝祭を行い九州電力(株)殿より感謝状を受ける。
昭和39年11月 志免工場操業開始
昭和45年 6月

      11月
関 治良吉会長就任に伴い、社長に角 円吉就任
福岡税務署より優良法人に選定される
昭和48年 9月 福岡県労働安全衛生協会より、労働衛生表彰を受ける。
昭和49年 1月 資本金4,860万円に増資
昭和50年11月 電気安全九州委員会より、電気保安功労者表彰を受ける。
昭和54年10月 創立20周年記念式典を行う。
昭和58年10月 軽量腕金自動省力化機械設備の完成
昭和59年 5月 福岡県労働安全衛生協会より、産業安全維持表彰を受ける。
昭和61年 6月 社長に関 勘助就任
昭和62年10月

       10月
(株)京三製作所の代理店となり無停電電源装置等の取扱い開始。
福岡労働基準局長より、労働衛生表彰を受ける。
平成 元年 5月 創立30周年を記念し厚生棟完成。
平成 5年 1月
       2月
志免工場事務所棟、碍子金具工場完成。
光洋電器工業(株)殿へ、碍子金具納入開始。
平成 7年 2月

        5月
福岡労働基準局長より、快適職場推進賞を受賞。
社長に相良恒久就任
平成17年 3月 ISO9001認証取得
平成21年 2月 めっき工場改修工事完成
平成21年 7月 資本金9,477万円に増資